MRとして活躍が期待される薬剤師!

薬剤師がMRとして仕事をする場合

薬剤師がMRとして仕事をする場合

製薬会社などの医薬情報担当者のことをMR(エムアール)呼んでいます。 MRは病院や薬局などの医療機関を訪問する仕事です。

そこで医薬品を正しく使用してもらうために「使用法」「効果」「副作用」「安全性」などの医薬情報を説明します。

ここでは薬剤師がMRとして仕事をする場合を具体的にご紹介いたしましょう。 MRを大きく区分すると以下の2種類です。

(1)病院担当MR
(2)開業医担当MR

病院担当MRになるには、それなりの薬剤師経験と知識が要求されます。 これ以外に領域専門MRというポジションもあります。

これは特定分野の疾病に関係する医薬品のみ取り扱います。 一般的には「抗うつ薬」「抗がん剤」「抗菌薬」ですが製薬会社によって異なります。

自社に薬の情報をフィードバックスするのもMRの大切な仕事です。 実際の医療の現場での薬の効果の情報、副作用の情報を集めてこれるのはフットワークの軽いMRならではです。

MRになるために薬剤師の資格は要求されません。 しかし薬の知識が豊富な薬剤師MRは医療関係者の信頼が得やすいでしょう。

次にMRとして仕事をするメリットについて説明しましょう。 1番目は待遇面です。 福利厚生が整備されいますし、給与水準やボーナスが良いことです。 日系企業と外資系企業を比較すると外資系は成果主義ですから、給与が高い傾向です。

2番目は休日面で、お盆や年末年始など長期休暇がとりやすいことです。 3番目は調剤薬局や病院と比較すると日常生活の仕事の中でコミュニケーション能力が磨かれることです。 仕事を通じて多くの人たちとの出会いがありますので人間関係は豊かになるでしょう。

4番目は、自社が専門としている分野や自社製品についての医療知識が増えることです。 5番目は、別の企業のMRとして転職がしやすいことがあります。

以上、薬剤師がMRとして仕事をする場合を具体的にご紹介いたしました。 キャリアアップとしてはMRとして昇給する以外に、本社で経営に関わる仕事をしたり学術部に異動するようなケースが考えられます。

↑ PAGE TOP