治験の現場で薬剤師に求められることとは?

薬剤師がCRAやCRCなど治験に関する仕事につく場合

薬剤師がCRAやCRCなど治験に関する仕事につく場合

薬剤師が薬事法上の承認を得るために必要な臨床試験(治験)に関わる仕事をする場合があります。 それがCRAとCRCです。 ここでは、薬剤師がCRAやCRCなど治験に関する仕事につく場合についてご紹介いたします。

まずは、CRAとCRCの主な業務内容について押さえておきましょう。 最初はCRAです。 これは臨床開発モニターと言って、治験を依頼する<製薬企業をサポート>をする仕事です。 「治験の進行」「治験の検証・確認」「モニタリング」「報告書の作成や記録の保存」をします。

治験の契約から治験が進行している際のモニタリングに関わります。 また治験が終了するまで一連の流れに関わる仕事をします。 CRAの仕事で一番重要となるのがモニタリング訪問です。

これは治験が適切に行われているか検証して確認する業務になります。 治験が終了した後の有害事象の報告書の作成や治験記録が適切に保存されているかのチェック――これもCRAの仕事になります。

次にCRCです。 これは、治験コーディネーターといって治験を実施する<病院側のサポート>をする仕事です。 具体的には「被験者のスケジュール管理」「相談窓口」「データ収集」があります。

病院内で「医師」「薬剤師」「看護師」などの医療関係者と協力します。 そして治験が適切に行われるようにコーディネートするのがCRCの役割です。

担当の医師の指導のもとで治験に参加する患者さんのスケジュール管理や検査値などのデータが正しく取れるように病院スタッフをCRCが上手にサポートするわけです 治験に参加する患者様を被験者と呼びますが、患者さんの相談窓口になるのもCRCの仕事です。

以上、薬剤師がCRAやCRCなど治験に関する仕事につく場合についてご紹介いたしました。 治験に関わる仕事をする場合のメリットは、「新薬の開発に関わることができる」「キャリアアップの選択肢が多い」「長期休暇が取りやすい」「成果に応じて給料がアップする」ことです。

↑ PAGE TOP