薬剤師さんの1日の仕事の流れが知りたい!

薬剤師の仕事風景

薬剤師の仕事風景

薬剤師を理想の職業にする方は多く、人気の高い職業です。ですがやはりその専門性の高さから、誰もがなれる職業ではありません。そのような仕事の内容になるのか、その一例として、薬局での一日の仕事風景を紹介してみたいと思います。

調剤薬局で勤務する場合、 朝9時または10時に開店する所が多いです。 開店前の8時半頃に出勤、開店の準備に入ります。 機材のスタンバイや清掃、前日の引き継ぎ事項の確認などです。

開店時間が来たらオープンさせます。 開店直後から患者さんが沢山やってくる事は まれで、比較的落ち着いている時間帯です。

この時間は事務作業、データの整理などのデスクワークや 医薬品の在庫確認・発注、備品のチェック等を 行い、今後の業務がスムーズに回るようにしておきます。

開店からしばらくし、お昼前になってくると 患者さんも多くなってきます。 病院の医師が患者さんに合った薬を処方箋として出しています。

処方箋に従って薬の調合・調製をし、準備をします。 準備が出来たら患者さんにお渡し、薬の内容と服用方法について 説明をします。

患者さんに他に服用している薬がないかを確認し、 飲み合わせでの副作用について注意を促したり、 体質的に問題がないか、妊娠等はしていないか等についても 確認をしていきます。

注意点が書かれている薬の服用指導の紙をお渡しし、 一人の患者さんの対応を終えます。

患者さんとのコミュニケーションが大切になってくる場面です。 お昼は全員が一度に取るわけにはいかないので、 交代で取ります。お昼すぎになると患者さんの来店が 一旦落ち着く所も多いようです。

空き時間を見て、これから来店する患者さんのために、 比較的出やすい薬については前もって準備をしておいたりします。

夕方までは患者さんの対応。夕方からになると患者さんも少なくなってくるので、閉店の準備をします。片付けや、売り上げの確認などを行います。 引き継ぎなどがあれば、きちんと残すようにして、一日の業務は終了になります。

もちろん薬剤師の仕事は職場によって幅はあるので、 仕事を選ぶ際は、どのような内容になるのか、 確認して、自分の希望に合うような仕事を選ぶと良いですね。

↑ PAGE TOP