薬剤師を目指している方は要チェックですね!

薬剤師国家試験の難易度・合格率はどの程度?

薬剤師国家試験の難易度・合格率はどの程度?

薬剤師になれば就職も有利だし、給与も高いというイメージがあります。 だから薬剤師をこれから目指したい学生の人も多いでしょう。 ここでは、薬剤師国家試験の難易度・合格率はどの程度なのかをご紹介いたします。

一般的に私立の薬科大学を卒業しているレベルであれば80パーセントは合格できるでしょう。 しかしながら、東京大学の薬学部の学生は少し違っています。

薬剤師の免許が必要になるようなところへ就職する人が少ないので試験対策の勉強などしていません。 だから合格率を見ると40パーセント程度だと思います。

私立の場合の80パーセントという合格率を見たらすごく簡単に合格できそうに思うでしょうが、実際はそうではありません。 そもそも受験している人間の学習レベルが高いからです。

今では6年制の薬科大学か大学の薬学部を卒業しないと受験資格がないのです。 もちろん毎日のように実習がある厳しい生活をしているということもあります。

試験のレベルが簡単ということではありません。 そして、大学や薬科大学は合格率がひとつのセールスポイントになってます。 元から勉強ができる人しか受験させないような方針をとっています。

少しこれを詳しく説明しておきましょう。 普通で考えたら大学や薬科大学を卒業しておれば無条件に受験できると思います。 大学に通学させている親の立場からすれば、子どもに何とか薬剤師の資格を取得して欲しいと考えるでしょう。

大学に6年間通わせるというのは相当な出費になりますから、絶対に薬剤師試験の合格は譲れないのです。 全部が全部そうではないと思いますが、高額な授業料を支払ってまで薬科大学の入学をするのはすごく限られた家庭でしょう。

親としても子どもとして薬剤師の免許が欲しいですから、できるだけ薬剤師国家試験の合格率の高い大学へ入学させようとします。 だからこそ大学側は合格率にはとてもシビアな目で見ています。

<うちの大学の薬剤師合格率は90パーセントである>と堂々と胸をはりたいのです。 けれども大量の不合格者がでたら合格率がグンと落ちてしまいます。

だから試験に落ちる可能性があるような学生には試験自体を受験させないようにしている場合があります。 はっきりと言うと、卒業させないということです。

薬科大学や大学の薬学部を卒業できなかったら薬剤師国家資格の受験資格が満たされませんのでどうしようもないということです。

↑ PAGE TOP